旧法借地権と新法借地権とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

借地に関する法律としては、過去にあった「借地法」に準拠する権利を一般に旧法借地権、1992年(平成4年)8月から施行された「借地借家法」に準拠する権利を新法借地権といいます。特に注意すべきは旧法借地権であり、旧法借地権の場合は、一定の条件を満たすことで、半永久的に土地を借りることができるという強い権利があります。

また借地権は、建物に付随して成立することから、建物の所有者が変更となった場合でも建物がある限りは権利が存続します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読いただけます

TOP